リフォームによる原状回復トラブルを避けるために!

賃貸物件をリフォームする場合には、退去時に原状回復を行わなければなりませんが、そんな原状回復のトラブルを避けるためには、どんな対策が必要でしょうか?

原状回復とは、借主の過失や故意でつけられた部屋の傷を元の状態に復旧するという事ですよ。

DIYやリフォームがOKという契約になっているなら問題はないかもしれませんが、オーナーや管理会社によって対応が異なるためガイドラインが設けられたのです。

許可されていないのに勝手にリフォームをした場合、原状回復を求められる事が考えられますので、規約の範囲内でリフォームを楽しみましょう。

賃貸借契約をする前に、物件の状態を見学して確認したり、原状回復についての内容をきちんと確認した上で契約するようにしましょう。

関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です